×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

A型肝炎の症状と治療

A型肝炎について

肝炎の中でも最も心配が少ないと言われているのがA型肝炎になります。A型肝炎は急性的な肝炎となり、しっかりとした治療をした後は免疫力がつくので再び患ってしまう事は無いと言われています。A 型肝炎の主な感染経路は性交渉によるものの他に以前は輸血や献血、この他、人間の排泄物などに口をつけた動物からの感染もあると言われていました。また、この他食品として食べられている牡蠣からも感染すると言われています。これ以外に輸入されている野菜からの感染も懸念されていますが、解明されていないようです。

 

A型肝炎の症状は肝臓機能が著しく低下するために黄疸が出てしまう場合が多いと言われています。この他、下痢や酷い発熱、吐き気、全身の強い倦怠感などの症状があります。初期の場合は風邪と同じような症状なので、見過ごしてしまうケースもありますが、年齢が高くなればなるほど症状も重くなると言われています。A型肝炎は症状が出てから3ヶ月前後で回復し、その後はしっかりと体内に免疫がつきますので繰り返される事はありません。ただ著しく体力が低下している場合や、元々の持病がある場合には合併症の一つとして腎不全や心筋障害を起こす可能性がありますのでこの部分に関しては注意が必要です。貧血を起こしてしまう特徴もありますから、頻繁に特徴が貧血が起きるようであればA型肝炎を疑ってみると良いでしょう。治療のためには肝機能を高めるような薬を投与していきます。


B型肝炎の検査キット